• works
  • works|Underscope design office">
    LOADING

    出張ついでの建物探訪

    2019.02.23 / works

    八代市立博物館 店舗デザイン 店舗設計 福岡

    2年くらい前から携わっている案件の打ち合わせのために八代まで出張。一度提案をさせてもらったのだが、様々な条件が重なりちょっとペンディング中という案件。久しぶりにクライアントとお会いできて、徐々に機が熟してきているのを確認できて少し安心した。やはり物事を成すにはそれぞれのタイミングがあるなと実感。その時はうまく歯車が合わなくても、いつかそのタイミングがピッタリ合った時に最高のパフォーマンスができるよう、常に自分自身も変化しブラッシュアップし続けなければと思う。帰りに「八代市立博物館」に初めて寄ってみたのだが、あいにくのメンテナンス閉館中。これも何かのタイミング。また来ます。。。

    UNDERSCOPE

    アンダースコープデザインオフィス
    TEL 092-953-5393 福岡県那珂川市中原2-160 BRICKS 1B

    SUPER RESCUE

    2019.01.15 / works

    久留米消防 店舗デザイン 店舗設計 福岡

    久留米消防 店舗デザイン 店舗設計 福岡

    新年早々に建築確認申請を提出。早速、久留米消防に申請書の修正に来ました。最近の久留米消防は消防車やレスキュー車がやたらキレイでカッコイイですね。かわいいマスコットキャラもいて。これミニカーにしたら絶対売ると思うんですけど・・・。

    UNDERSCOPE

    アンダースコープデザインオフィス
    TEL 092-953-5393 福岡県那珂川市中原2-160 BRICKS 1B

    気になる古本屋

    2018.12.19 / works

    書店デザイン 店舗デザイン 店舗設計 福岡

    先日の出張先にて発見した古本屋。店内には入れなかったが、ここから見る限り大判物と芸術書が多そうな雰囲気。◯◯◯k-offみたいに”値段的”な掘り出し物はなさそうだが、貴重な掘り出し物はありそう。吉村順三とか村野藤吾の作品集とかあったら・・・とこの土地に通うようになったら一度行ってみようと心に誓う。

    UNDERSCOPE

    アンダースコープデザインオフィス
    TEL 092-953-5393 福岡県那珂川市中原2-160 BRICKS 1B

    出張の楽しみ

    2018.10.23 / works

    飲食店 店舗デザイン 店舗設計 福岡

    出張の楽しみ。それはなんと言っても、その土地の料理を食べその土地の酒を呑むこと。鹿児島はやっぱり焼酎の街、駅ナカの居酒屋でもさすがのラインナップ。とりあえず右から順にいただきます。

    UNDERSCOPE

    アンダースコープデザインオフィス
    TEL 092-953-5393 福岡県那珂川市中原2-160 BRICKS 1B

    空間ボリュームにおける意思疎通

    2018.10.03 / works

    空間デザイン 店舗デザイン 店舗設計 福岡

    具体的な計画の提案に入る前の打ち合わせ段階から、簡単な箱と人型を作って持参することもあります。敷地に対する人や建物の大きさって、なかなか図面上だけではわかりませんからね。事業計画上の坪数算定だけでは、豊かで気持ちの良い空間になりにくい場合もありますから、計画の初期段階において事業主様とコストも含めた空間ボリュームにおける意思疎通も大事だと思っています。

    UNDERSCOPE

    アンダースコープデザインオフィス
    TEL 092-953-5393 福岡県那珂川市中原2-160 BRICKS 1B

    一本木 石橋

    2018.09.07 / works

    和食店 店舗デザイン 店舗設計 福岡

    今回、設計・デザインにて携わらせていただきました懐石料理店が、明日9/8(土)OPENします。京都の「和久傳」や、その後東京・伊勢にて修行された若き料理人の初出店のお店です。場所は福岡市中央区平尾。マンションに囲まれた都会のど真ん中に数寄屋造の建物が建ちました。施工は、京都の中村外二工務店にて修行された、これまた若き職人率いる「久衛組」。完成に漕ぎ着けるまでには実に様々な壁がありましたが、施主を含めこの案件に関わった人々全員の努力と想いが繋がり、素晴らしい「和」の空間ができました。1Fはカウンター席のみ、2Fには座敷もあります。最高の料理とともに空間も楽しんでいただけると思いますので、ぜひとも一度足を運んでくださいませ。

    店名:一本木 石橋
    住所:福岡県福岡市中央区平尾1丁目9-13
    TEL:092-534-7560(要予約)
    営業時間:昼12時〜15時  夜17時半〜22
    料金:昼6,000円(税・サ込) 夜15,000円(税・サ込)
    定休日:不定休

    UNDERSCOPE

    アンダースコープデザインオフィス
    TEL 092-953-5393 福岡県那珂川市中原2-160 BRICKS 1B

    10分が限界

    2018.07.26 / works

    材料探し 店舗デザイン 店舗設計 福岡

    床に敷く石を探しに石材屋さんへ。連日の猛暑により、広大な敷地にある石を見て回るのも命がけです。身体を日なたに晒さすのも10分が限界。日陰で休み休み作業は続きます。サンプルの石を手にしたいのに、高温でもちろん触れず、こんなに命の危険を感じる夏は初めてです。

    UNDERSCOPE

    アンダースコープデザインオフィス
    TEL 092-953-5393 福岡県那珂川市中原2-160 BRICKS 1B

    気持ちにフィット

    2018.07.06 / works

    紳士服店 店舗デザイン 店舗設計 福岡

    オーダースーツのお店が着工しています。毎回ながら、初めてデザインをさせていただく業態の場合は、その業界を入念にリサーチすることから始まります。型を知った上で、このお店に訪れるであろうお客様の気持ちをひたすら想像しながら、丁寧に、時に斬新に、だけどその気持ちにフィットするデザインを心がけています。

    UNDERSCOPE

    アンダースコープデザインオフィス
    TEL 092-953-5393 福岡県那珂川市中原2-160 BRICKS 1B

    実験

    2018.06.14 / works

    カラーデザイン 店舗デザイン 店舗設計 福岡

    昨日は内装材に使用する銅板を黒化液に浸し、黒化処理(酸 化銅皮膜)を施すことによって、少し風化したようないい感じの色に仕上げるといった実験を。薬液の希釈%から、つけ置きの時間、その後の水洗いの仕方まで・・・結構シビア調整が必要で苦労しました。薬液から上げて水をかけると、色が赤黒から白になり、だんだん青くなっていきます。最終的には様々な色が混じり合い、銅板の中に小宇宙が広がっているようでとても美しいです。本番の仕上がりが楽しみです。

    UNDERSCOPE

    アンダースコープデザインオフィス
    TEL 092-953-5393 福岡県那珂川市中原2-160 BRICKS 1B

    集合体美

    2018.05.16 / works

    建築現場 店舗デザイン 店舗設計 福岡

    建物の外壁にモルタルを塗る際に、下地となる「ラス網」と言われる金網。一枚一枚はとても細い金網ですが、20〜30枚くらい集まるとなんとも不思議で綺麗な模様になる。

    UNDERSCOPE

    アンダースコープデザインオフィス
    TEL 092-953-5393 福岡県那珂川市中原2-160 BRICKS 1B

    家紋清久

    2018.05.11 / works

    職人の道具 店舗デザイン 店舗設計 福岡

    現場で見つけた「家紋清久」の鑿。100度戻しという技法により、非常に硬度のある鑿に仕上がるのだそう。桐箱に入っている様が、職人の気概と魂を感じます。

    UNDERSCOPE

    アンダースコープデザインオフィス
    TEL 092-953-5393 福岡県那珂川市中原2-160 BRICKS 1B

    現場の楽しみ

    2018.05.02 / works

    赤杉とデザイン 店舗デザイン 店舗設計 福岡

    懐石料理店の現場は上棟が終わり、徐々に外壁が出来てきました。内装も枠関係が取り付き始めています。今回の現場では、工務店の「久衛組」さんが長年倉庫にて温めていた秘蔵の材料を、特別に提供していただいたりするので、すばらしい良質な木材を目にすることができ、それだけでも気分がウキウキしてきます。こんな綺麗な色の赤杉・・・気軽に触れないオーラをを放っていて、見てるだけでウットリします。

     

    UNDERSCOPE

    アンダースコープデザインオフィス
    TEL 092-953-5393 福岡県那珂川市中原2-160 BRICKS 1B

    ページの先頭へもどる